岐阜県大垣市のバレエ教室|川島ナナバレエ研究所(バレエスクール)

第32回 大垣発表公演

「 鐘の祭典 」

みなさんがよく知っているバレエ作品「コッペリア」をもとに、町の広場に新しい鐘が 
できたお祝いのお祭り というナナ先生独自の設定で構成し、振付した作品です。 
中等科までの研究生達が、楽しいお祭りのふんい気を出して踊ってくれました。

「 エジプト舞曲 」

ナナ先生のオリジナル作品。エギゾチックなムードある作品です。
最初の出が、とってもステキなんです。
でも生でみなければ、ことばでは伝えられません。
各務原発表会公演で上演が決まっています。ぜひみて下さい。

「 ガヴォット 」

かわいいバレリーナ達です。
小さいけれど、きちんとバレエしてます。

「 フィナーレ 」

ごぞんじ、ナナバレエ名物。フィナーレです。

第16回 各務原発表公演

「 メリー!メリー!メリー! 」

児童科の研究生達が
「楽しい!楽しい!楽しい!」って踊りました。

「 ちょうちょのおさんぽ 」

 

「 こびとの行進 」

ちいさな ちいさな ちょうちょさん達と こびとさん達です。
ほんと、かわいいです。でも、ちゃんとバレリーナです。

「 ディベルティメント 」

ナナ先生の選曲、構成、振付のオリジナル。
クラシックバレエらしい華やかでエレガントな作品。
とても優雅なんだけれど、むずかしいテクニックまんさいです。

第28回 岐阜発表公演

「 ちょうちょのおさんぽ 」

かわいい ちいさな ちょうちょさん達。
おさんぽしながら、どんなおしゃべりしてるのかな。


「 鐘の祭典 」

大垣発表公演で上演されたものの再演です。
出演者がちがうので、構成が若干変わっています。
踊る人がちがうと、同じ作品でもふんい気がちがってくるのが不思議…。

「 ジョコンダ より 時の踊り 」

去年(2004)各務原の発表公演で、大好評だった作品。
観て下さった方からは、「もう一度みたい」    
出演しなかった人達からは、「これに出たい」という
リクエストがさっとうして、再演が決まったのです。
ほんとうにきれいな夢のような作品です。

第28回 岐阜発表公演

※今年、発表公演に全ステージ!先生たちは同じ踊りを踊りました。

林 順子 先生

「 ボヘミアンダンス 」
この作品は、順子先生が ン年前ちょっと今より若い時に踊られたもの。
順子先生のスタイルがあってこそカッコイイと評判になったんです。

吉田 有希 先生

「 エジプト舞曲 ヴァリアシオン 」
エジプト舞曲の中のヴァリアシオン。
有希先生らしいダイナミックな仕上がりです。

森 結実 先生

「 シルヴィア ヴァリアシオン 」
シルヴィアの曲は、私個人としてはとてもかわいらしい印象です。
結実先生もコケティッシュでかわいらしい踊りをみせて下さいました。

三つの発表公演のご報告はこれでおしまいです。

 このあいだ(2005.10.23)にバレエ団の公演「ガラスの靴(シンデレラ物語より)」が、無事に終了しました。とてもたくさんの方々にご来場頂き、その上に、「とても楽しかった。」「観に来てよかった。」と、うれしいお言葉をたくさん頂きました。そして、来年(2006)研究所が生まれて35周年になります。当然!お祝いの舞台を計画しています。2006.10.8(日)に、深川秀夫版 「ドン・キホーテ全幕」 を上演いたします。きちんとしたドンキの全幕が観られます。ぜひ、お見逃しなく…         (お知らせ欄にも掲載しています。)

ページの先頭へページの先頭へ